画面が動かなくなったときにまず自分でできること

画面が動かなくても物理ボタンは反応してくれる事もあり!

iphoneを長く使っていれば、突然画面が動かなくなってしまうというトラブルに遭遇する事は出てきます。そして、画面が動かなくなってしまった時に、まずやると良いことが物理ボタンを長押しして、本体を再起動させる方法です。特定のアプリケーションが原因で、画面が動かなくなってしまったときでも、ボタン長押しで再起動させればアプリケーションを強制的に終了させて、本体を起動させることが出来る場合もあります。
パソコンでも昔から、動かなくなってしまったら再起動すれば、また使えるようになることが多いように画面が動かなくなってしまったときのトラブル対策としてよく使われる方法です。画面が固まって、タッチしても反応しないときには物理ボタンを押して再起動を試みてみましょう。

少し待ったり、余計なタスクやアプリを削除

iphoneがずっと止まった状態になった場合は再起動が有効な手段ですが、少し待って見ると動くことがあります。例えば、高い負荷がかかり、処理速度が遅くなって画面が止まったとき等には少し待てば動く事も多いです。また、アプリケーションを複数動かしているときには、余計なアプリケーションのタスクを切ったり、アプリケーションをそのものを削除するのも手です。特定のアプリケーションが原因で、画面が止まったりする事もありますので、怪しいアプリケーションが入っている場合は削除すると効果があったりします。その他、古くなったiphoneを使っている方は、OSそのものが原因で止まったりする事も考えられますので最新のOSにアップデートしてみるのも良いでしょう。

iphoneの修理を川崎で行える業者は、徒歩で行ける主要駅近くに多くあり、業者は店頭やインターネットの公式サイトで作業価格帯・作業内容を公表しています。

© Copyright Reliable iPhone Repairs. All Rights Reserved.